中古住宅購入

中古住宅購入とリフォームで唯一の後悔は【不動産会社選び】

家並

中古住宅購入・リフォームを無事終えることができ「あのときこうすれば良かった」と思っていることがひとつだけあります。

それは「不動産会社選び」です。

所有権が移行する過程で最も不安だったのは「仲介会社」と「リフォーム会社」の二者に対応しなければならないことでした。

中古住宅をリフォームする際には、物件探しからリフォーム・リノベーションまで、ワンストップで行える不動産会社で物件を購入する方が無駄な手間や不安が少ないです。

中古住宅購入・リフォームを行う際の「不動産会社選び」について。

中古住宅をリフォームするなら、不動産会社は「ワンストップ型」が向いている

実際に中古住宅を購入・リフォームをする過程の行動タスクを業者別に整理します。

一覧にすると一見すっきりまとまっているように見えますが、実際は同時進行で動くため、重なることも多く煩雑になります。

中古住宅を購入→リフォームは、2つの業者に同時進行で依頼して動くことが多く、重要な選択を迫られるタイミングが重なることが多いです。

不動産会社(仲介業者)

物件購入の際に売主との交渉を仲介する。

契約書・重要事項説明書の作成、契約の立ち会い

所有権移転に伴う行政書士の手配(自分で手配することもできます)

住宅ローンの紹介、銀行との日程調整、契約立ち会い

物件引き渡し

リフォーム業社

リフォーム希望箇所を伝えて簡易見積もり

現地調査(実際に家に入って計測。図面が残されていない場合、図面を作ってもらいます)

ショールームで住宅設備を選んでいく

打ち合わせを重ねながら詳細なリフォーム見積もりを作成

リフォーム工事

中古住宅をリフォームする手間と不安要素

所有権が移行する過程の不安は、「仲介会社」と「リフォーム会社」の二者に対応しなければならないことでした。

うちは瑕疵保険に加入する都合上、リフォームの現状調査と建物の修理が物件の引き渡し前になってしまい、仲介の担当さん立ち会いのもとリフォーム業社を入れて現状調査を行い(まだ自分のものになっていない建物ですし、双方に気を遣いました)肝心の家の中をほとんど見ることができないのに、リフォームで重要な判断をしなければならない状況でした。

瑕疵保険の可否を気にしながら、それによって物件の値引きが変わってくるなあと思いながら、肝心の家の中にはまだ出入り出来ないときにリフォーム内容を決めなければならず、同時にローンと火災保険を検討して、、とフル回転です。

中古住宅をリフォームする際には、物件探しからリフォーム・リノベーションまで、ワンストップで行える不動産会社で物件を購入する方が無駄な手間や不安が少ないです。

なぜ「普通の仲介会社」を選んでしまったのか?

出会った物件にときめきを感じ過ぎてしまい、あることを「ど忘れ」していました。

あることとは、

どの物件を選んでも、どの仲介会社からでも購入できる。

ことです。

気になる物件を見つけ、偶然その物件の広告を出していた仲介会社になんとなく電話をかけたところから、今回お世話になった仲介会社とのご縁がつながりました。

しかし冷静に考えると、どの物件を選んでも、どの仲介会社からでも購入できるんでした。

中古をリフォームするなら、仲介もリフォームも1社でできる会社の方が、流れがスムーズに決まっています。

ワンストップ型のメリット

スムーズに動ける

引き渡し前の物件でもリフォームの判断が捗る

いま自分が中古住宅を購入してリフォームするなら、お世話になる会社はじっくりリフォーム内容を吟味できる不動産会社を選びます。

リフォームするつもりで中古物件を探しているなら、物件ありきで偶然巡り合った不動産屋さんと見切り発車は禁物です。

「一目惚れ物件」に巡り合う前に、冷静なうちに、お付き合いする「仲介&リフォーム会社」を検討しておくことは大切です。

 

中古住宅を購入し、リフォームするなら、ワンストップ型の不動産会社を選ぶとメリットが大きい理由でした。

-中古住宅購入

Copyright© みにろぐ , 2020 All Rights Reserved.